ローンを初めて組んで購入したバイク

私の今までの人生の中で一番高価な買い物となったのは、大学生の時に購入したSUZUKI RGV-r 250のバイクです。

このバイクは2006年に購入したのですでに新車などはこの世の中には存在しておらず、中古品をネットで調べ比較的程度が良さそうな物を購入。その後SUZUKIのバイクショップにて一度完全にオーバーホールしていただき、ついでにステップの変更、さらに全国で初回1000台限定で販売された2輪車用ETCにダメ元で応募したら当たってしまい、急遽とるつけるといったことを行ったため、バイク自体の購入金額は30万円だったんですが、陸送代、オーバーホール代、諸改造費(パーツ代含む)などの総額が55万円くらいになり、本体価格よりもそれ以外の費用が非常に高くついたバイクとなりました。

このバイクの購入経緯からして、もともと同じSUZUKIのGSX-R 400Rに乗っていたんですが、少し長めのツーリングに出たところオイルキャップの不具合でオイル漏れが発生していることに気がつかず走り続けたことでピルトンが焼き付き廃車となってしまったことから、大急ぎで探して決めたバイクだったのでもともとバイクの状態などをゆっくり確認することもできず、少し急いで購入したことで前述の様なオーバーホール時に多くの費用がかかることになったんだと思っています。

購入後のバイクはエンジン、足回りともに非常に良好で、20年近く前に発売されたバイクとはとても思えない操作性と燃費を発揮してくれていました。
しかし、このバイクを購入して約8ヶ月後に事情があって、やっと動かすことができる様になったバイクを手放すことに、、、。すでに2006年当時世間一般では2サイクルエンジンのバイクの生産は行われておらず、メンテナンスに少し不安が残ること、さらにレーサーレプリカタイプのバイクであったことから、エンジンの出力も、操作性にも一癖があり、さらにセルスタート式ではなくキックスタート式だったことから引き取り手が見つからず、泣く泣く修理をしてもらったSUZUKIのバイクショップに引き取ってもらうという有様。

バイクのオーナーであった期間も短ければ、初めてローン(バイクローン学生)を組んで大きな買い物をし、走行距離も1000kmにも満たない状態で一生懸命整備したバイクを手放すことになったために、そういう意味でも自分の中で一番大きな買い物になっています。

買い物依存症かもしれない

独身の時から買い物依存症っぽかったです。洋服やブランド品など、借金して買っていました。
カードの支払いも遅れていて、カード利用停止に何度もなったことがあります。(http://xn--n8jh6h2kta8c3dvbk95a9fw771de0h.net/

借金が150万くらいの時、結婚が決まりました。さすがにこのまま結婚すれば、いつかはバレると思い内緒で債務整理しました。

それからもう少しで1年経とうとしています。
結婚後はアルバイトをしています。主人から小遣いはもらっていませんし、生活費の負担はありません。

自分の給料は医療費と保険代と携帯代、残りは欲しい物を買って終わります。

半年くらい前から、アルバイト先の売り上げが悪く、事務の私は経費削減の対象となり、シフトをどんどん削られてきました。収入が減り、困りました。

今は洋服やブランド品には興味がないのですが、今度は旅行や雑貨にお金を使うようになってきました。

支払いは主人の家族カードでしているので、自分で使った分のお金は主人に渡しています。去年の夏あたりから、自分の給料だけでは足りなくなり、キャッシングをしてお金を渡すようになっていました。

最初1回だけ「キャッシングした?」と聞かれましたが、その後半年は何も言われませんでした。
毎月キャッシングするようになっていたので、さすがにこのままではマズいなあと思い、もう1つアルバイトを始めました。

年末年始は、その2つのアルバイトの休みを利用してもう1つアルバイトをしました。休みは元旦だけでした。
さすがにその時期はしんどかったですが、自業自得だなあと思っていました。

そんな私の様子を見ていられなくなったのか、最近またキャッシングのことを言われるようになりました。
私を責めるわけではなく、主人がキャッシングの分は自分が返済しておく、と。

本当に申し訳ない気持ちになりました。自分の収入が低いことも引け目に思っているみたいです。
それでちょっと気持ちを入れ替えて、買い物控えなきゃなあと思っているところですが。

あればあるだけ使ってしまうし、自分では買い物依存症なんじゃないかなあと思っています。
主人も貯金は出来ないタイプみたいなので、うちは将来貯金もなくどうなってしまうのかちょっと心配です。

とにかくしばらく旅行と買い物は控えて借金返済をしていかなくては、と思っています。出来るかどうか。

カードローンでお金を借りるということ

融資の利率が高い業者もいるので、このような重要な点は、あれこれそれぞれのキャッシング会社が持っている特質を徹底的に調査・把握したうえで、希望に沿ったプランが利用できる会社で即日融資対応のキャッシングを使ってみてもらうのがいいんじゃないでしょうか。

融資を申し込んだ方が返済することができるか詳しく審査を行っているのです。契約のとおりに借りたお金を返すことが間違いないという融資承認の時のみ対象として、利用を申し込んだキャッシング会社はお金を貸してくれるのです。

近頃ネットを利用していると頼りになる即日キャッシングの仕組みや概要などがいろいろと掲載されています。だけど利用申し込みしたい方への綿密な手順や振り込みまでの流れというのを見ることができるページが、ないので利用できないというのが現状です。

よく似ていても銀行が母体の会社のカードローンというのもありますが、貸付の最高金額がかなり高めに設定されているうえ、必要な利息は銀行系以外より低めに設定されています。でも、事前に行われる審査の基準が、消費者金融系の会社が提供しているキャッシングよりも厳しく審査するのです。

あなたにもっともメリットのあるカードローンはどの会社のものなのか、ゆとりを持った返済額は毎月、いくらと設定しておくべきなのか、を正確に調べて、予定を組んでカードローンをうまく使ってください。

長い間借りるのではなくて、30日間という決められた期間以内に返すことができる金額の範囲で、借りることにする計画があるのなら、本当は発生する金利がいらなくなっているありがたい利息のいらない無利息キャッシングを実際に確かめてみるのもいいと思います。

以前と違って頼みの綱ともいえる即日融資による融資が可能な、キャッシング会社がいくつもあります。タイミングによってはカードがあなたのとこに到着するよりも早く、審査が完了してあなたの銀行口座に入ります。いちいちお店に行くことなく、誰でも簡単にネット上で出来ますのでやってみてください。

大部分のキャッシング会社では、申込があればスコアリングと呼ばれる分かりやすい評価の仕方で、申込まれた内容の確認と審査を実施しています。同じ審査法であっても合格のレベルは、各キャッシング会社でかなり異なります。

やっぱり以前と違って、忙しい方など、インターネットで、パソコンなどの画面で簡単な設問の入力を行って送信ボタンを押すだけで、借り入れ可能な金額などを、すぐに試算ができるキャッシングの会社も増えてきているので、キャッシングが初めての方でも申込は、実はかなりスムーズにできるから心配はありません。

問題なく仕事についている社会人だとしたら、規定の審査に通過しないことはないと思ってください。不安定なアルバイトやパートの方も問題なく即日融資してもらえることがほとんどであると考えて結構です。

どのキャッシング会社を選んで、希望金額の融資手続きをしてもらおうとしても、その申込をするところが即日キャッシングで対応可能な、最終時刻も肝心なことですから、絶対に確かめて納得してからキャッシング契約をするということが重要です。

大部分のキャッシングしてくれるカードローン会社では、詳しく説明が聞きたい方のために通話料無料で誰でも利用できるフリーダイヤルをきちんと準備しています。カードローン、キャッシングに関する相談のときは、過去と現在のご利用予定者の状況などについてきちんとお話してください。

時間をおかずに、たくさんのキャッシング会社に、連続して新しくキャッシングの申込が依頼されている場合などは、なんだか資金繰りにあちこちを巡っているような、疑いをもたれてしまうので、事前審査では不利な扱いをされる可能性が高くなります。

店頭以外には無人契約機を使って、キャッシングを申込むという最近人気の申込のやり方だって可能です。誰もいないコーナーで機械を相手に申込んでいただくので、誰とも話をせずに、急な出費があったときなどにキャッシングをひそかに申込んでいただくことができるから安心です。

今でこそ多くなってきた無利息でのキャッシングが初めて登場したころは、新規融資の方だけで、さらに7日間以内に返済すれば無利息という条件があったのです。昨今は何度でも30日間以内に返済すればなんと無利息なんてサービスまであり、それが、無利息期間の最長のものになり、一層使いやすくなっています。

カードローン申し込みはこちらを参照に…≫借り入れ

・カードローン・キャッシングの返済について
社会に出る前は、必要のないものでした。

初めて、利用したのは恥ずかしながら、ギャンブルにて日々の生活資金が回らなくなってきたからです。私の周囲の人間が、カードローンやキャッシングをしたきっかけのほとんどが、ギャンブルによるものでした。

利用する前のイメージとしては、上記に記載した通り、ギャンブルで身を崩す人が利用するんだろうと思っていました。が、まさにその通りになりました。

限度額は、最初の一枚が30万でしたが、次のカードは60万になり返済日の前には、給与口座のATMから取りあえずの利息分を支払う日々が続いています。

なぜ、そうなってしまったのかを今になって反省すると、借りやすい(自由にできるお金の量が増えた)ことで、後で発生するであろう利息への支払いに対しての、認識が欠如してしまったことでしょうか。

CMでは、ご返済は計画的にや借りる前によく考えようなどのフレーズが並びますが、結局その通りに私はできませんでした。キャッシングカードを作るその時に戻れるならば、二度とカードを作ることはないでしょう。

カード会社の顧客のなかで、逆に計画的に、利用しているような人がいるのでしょうか?
私には、そうは思えません。大多数の人間が、限度額いっぱいで借入し

万が一返済をし終わった後に、再度借り入れをすることはしないと固く心に誓っている人だと思います。

よって、私のなかではイメージはギャンブル依存症の片棒を担いでいるというイメージです。CM通りにできる人ならば、債務超過やギャンブル依存症にはならないだろうからです。

もっとも、上記の話は私の主観であり、そうではない方もたくさんいることでしょう。一か月の給料で返済しきれる額で借入し、すぐ返済されている方など・・・

それでも、カードローンとキャッシングがなければここまでひどくならなかったと思われる人のほうが多いと思います。

妊娠中便秘

妊娠中に起こる身体の変化のひとつとして便秘があります。

妊婦さんの70%以上が妊娠をしてから便秘になり、悩まされていると言われています。

妊娠中に見られる便秘の症状には、お腹が張る・排便した後にすっきり感がない・残便感がある、ウサギの糞のようなコロコロした便・便が硬く出にくいなどといった症状があります。

三日に一度の排便でも良い方で中には一週間から二週間排便がないという方もいるほどなのです。

便秘が悪化すると便が硬くなって痔になってしまう恐れがあります。妊娠中の便秘は早めに解消することが望ましいですね。

では、妊娠中の便秘を解消する方法を紹介しますね。妊娠中は身体がデリケートなので無理のない範囲で試してみてくださいね。

まずは食事から。ある程度の食事量を摂っていないと健康な便も作られないので妊娠中もバランスのいい食事をしてください。

つわりで食事を摂れず栄養が偏りがちになってしまうコトもあると思いますが、無理をせず、食べられるものを見つけてなるべくはバランスよく食事をしましょう。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれているので腸の環境を整える働きがあります。
私が実際に飲んでいたオリゴ糖は町内のビフィズス菌を活発にし、腸内環境を良好にしてくれます。

ちなみに私が摂っていたオリゴ糖の商品⇒カイテキオリゴ

カイテキオリゴは妊婦さんの便秘解消をサポートしてくれて私もだいぶん助けられましたよ。

ハチミツには、オリゴ糖・グルコン酸という成分があり、腸の善玉菌を増やしてくれます。

グラノーラなどのシリアル食品には食物繊維がとても豊富で、食物繊維には便を軟らかくしたり、腸の働きを促す作用があります。さらに牛乳をかけて食べるので腸の善玉菌が増えて腸内環境をよくしますね。

納豆には、食物繊維やオリゴ糖が含まれています。低価格で手軽に食べることができる食品ですね。

便秘に効く飲み物は、まずお水。妊娠中のお水はなるべく常温のミネラルウォーターにしてください。
特に飲むタイミングとしては寝起きに一杯のお水をゆっくりと飲むと腸の働きを活発にしてくれます。

米麹の甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養価の高い飲み物です。食物繊維やオリゴ糖と妊婦さんや赤ちゃんに必要な葉酸が含まれています。

 

ノンバンクとは

ノンバンクとはどのようなもののことを言うのでしょうか?

ノンバンクというのは預金業務を行わずに、銀行などから融資を受けることによって手に入れたお金でお金を貸す業務を行う機関のことを言います。

俗に言う消費者金融やクレジット会社、信販会社などがこのノンバンクといわれる機関になります。銀行は個人などから預金を預かることにより、その預金を貸し出して利益を上げますが、ノンバンクの場合は個人の方からお金を預かるという行為ができないというわけなのです。

ですので、貸出するお金を銀行などから借り入れて、そのお金を貸し出すようにしているのです。これをノンバンクというわけですね。

バンクに「ノン」と否定的になる言葉を付けてノンバンクですね。バンクではないよって感じですかね。

なんか、どっちが有利って言うわけではにですが、銀行は個人からすごく低い利息を払って借りるわけですので、銀行のほうが商売としては有利な感じがしますよね。借りるお金の金利と貸し出すお金の金利がスゴイ違うわけですから。

その手、ノンバンクである消費者金融やクレジット会社、信販会社などは、それなりの金利を銀行に支払ったうえで、利息制限法内の金利で個人や企業にに貸出するわけですので、借りる金利と貸し出す金利の差額があまり大きくわないので、なかなか利益は出しにくくなっているかもしれません。

消費者金融も以前は金利がかなり高かったのですが、今は金利は利息制限法内に抑えられているので、金利で儲けるというのが容易なものではなくなってきたような気がします。

以前金利が高かったというのが、グレーゾーン金利があった時代で、グレーゾーン金利というのは出資法の金利と利息制限法内の金利に差があったのです。出資法の方でかなりの高金利が認められていました。

この出資法の利息と利息制限法内の金利が統一されたのです。そのためグレーゾーン金利が無くなったというわけですね。

しかも、このグレーゾーン金利で貸し出していたのは、過払い請求というものによって利息制限法の金利で計算しなおして、ノンバンクなどがもらいすぎていた金利は借り手に返済しなければいけないというようになってしまったのです。

このため、ノンバンクの経営は一気に厳しくなり、再編がどんどん進んでいったというわけですね。

話はそれてしまった部分もありますが、ノンバンク自体にはこのような意味があります。基本的にノンバンクを調べている人は事業者ローン・ビジネスローンを探しているという人が多いかもしれませんね。

ノンバンクの事業者ローンに関しては参考になるサイトがありますので、以下に張り付けておきますので参考にしてみてください。

※参考サイト・・・個人事業主・自営業者ローン

子供の教育ローンの体験談

離婚して、実家暮らしをしております。
元嫁は、親権をとり介護の仕事をしながら、子供と暮らしています。

そんなある日長男からメールで大学に行きたいけど援助はしてくれるのかとメールがきました。

元嫁は、余裕もなく、全くだせないとのことでしたので、子供の将来がかかることなので、なんとかローンをくんで、私が出すことになりました。

長男が言ってきたのが本当にぎりぎりのタイミングで、試験や合格発表の日がせまり、タイトな時間しかありませんでした。

まずしたのが、ネットや銀行の店頭などで、金利や条件をまず比較しました。

離婚して、養育費もはらっているので、余裕がなくいったいどれくらい払えるのか、また返済はどれくらいなのかを中心に調べました。

いろいろなところで確認したところ在校中は利子だけでいいという条件のところがいくつか見つかりました。
そのなかでも、固定金利でしかも金利が安い、国の教育ローンに決めました。
心配だったのは、離婚したこどもの教育ローンが借りかれるのかどうかでした。
窓口で聞くとそこはあっさり、戸籍謄本があれば、直系なら融資できますといわれました。

提出に必要な物を書いた書類をもらいいったん帰り必要書類を集めることにしました。
必要な物は、戸籍謄本や自分の通帳、年末調整の書類、自分の住民票などでした。

それにもう一つ、携帯電話や水道やガス電気代や保険の支払いなど、2件以上の公共料金の支払いがわかるものでした。

自分の提出書類については、すぐできたのですが、問題になりそうものは、離婚した子供の戸籍謄本でしたが、市役所でも直系なら簡単にとれました。

郵送でもできるといわれておりましたが、間違えがあると出し直しや書き直しが必要と思い、必要種類をまとめ、窓口にいくことにしました。

案の定書き間違えなどがありましたので、慣れていないと郵送は難しと思います。

書類を提出したあとは、審査をまちます。
このときが一番どきどきしました。金利や条件面でこれ以上のとこがなかったからです。

約一週間後無事に審査がとおり、そこから約1週間で融資金を得ることができました。
なんとか入学金の期日に間に合いました。

支払い期日の決まっている教育ローンを借りるときは、必要書類を集めたり、審査の時間、融資の時間などが必要になるので、なおさら時間的余裕が必要だと感じました。

国の教育ローンの建物は銀行と違いすこし入りにくい感じでしたが、窓口の人は親切で、説明のわかりやすかったです。
案外簡単に借りることができたという印象をもっています。