ノンバンクとは

ノンバンクとはどのようなもののことを言うのでしょうか?

ノンバンクというのは預金業務を行わずに、銀行などから融資を受けることによって手に入れたお金でお金を貸す業務を行う機関のことを言います。

俗に言う消費者金融やクレジット会社、信販会社などがこのノンバンクといわれる機関になります。銀行は個人などから預金を預かることにより、その預金を貸し出して利益を上げますが、ノンバンクの場合は個人の方からお金を預かるという行為ができないというわけなのです。

ですので、貸出するお金を銀行などから借り入れて、そのお金を貸し出すようにしているのです。これをノンバンクというわけですね。

バンクに「ノン」と否定的になる言葉を付けてノンバンクですね。バンクではないよって感じですかね。

なんか、どっちが有利って言うわけではにですが、銀行は個人からすごく低い利息を払って借りるわけですので、銀行のほうが商売としては有利な感じがしますよね。借りるお金の金利と貸し出すお金の金利がスゴイ違うわけですから。

その手、ノンバンクである消費者金融やクレジット会社、信販会社などは、それなりの金利を銀行に支払ったうえで、利息制限法内の金利で個人や企業にに貸出するわけですので、借りる金利と貸し出す金利の差額があまり大きくわないので、なかなか利益は出しにくくなっているかもしれません。

消費者金融も以前は金利がかなり高かったのですが、今は金利は利息制限法内に抑えられているので、金利で儲けるというのが容易なものではなくなってきたような気がします。

以前金利が高かったというのが、グレーゾーン金利があった時代で、グレーゾーン金利というのは出資法の金利と利息制限法内の金利に差があったのです。出資法の方でかなりの高金利が認められていました。

この出資法の利息と利息制限法内の金利が統一されたのです。そのためグレーゾーン金利が無くなったというわけですね。

しかも、このグレーゾーン金利で貸し出していたのは、過払い請求というものによって利息制限法の金利で計算しなおして、ノンバンクなどがもらいすぎていた金利は借り手に返済しなければいけないというようになってしまったのです。

このため、ノンバンクの経営は一気に厳しくなり、再編がどんどん進んでいったというわけですね。

話はそれてしまった部分もありますが、ノンバンク自体にはこのような意味があります。基本的にノンバンクを調べている人は事業者ローン・ビジネスローンを探しているという人が多いかもしれませんね。

ノンバンクの事業者ローンに関しては参考になるサイトがありますので、以下に張り付けておきますので参考にしてみてください。

※参考サイト・・・個人事業主・自営業者ローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>